So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

<幻の大豆>「借金なし」秩父で復活(毎日新聞)

 ◇銘柄名→実り多く返済しやすい!?

 かつては北関東で広く栽培されていたものの、ほとんど見られなくなった大豆「借金なし」を昨年から、秩父市下吉田地区の「秩父在来大豆借金なし生産組合」が育て始めた。昨秋に初めて収穫し、今月、大豆を原料としたケーキの販売が秩父市内で始まった。

 県秩父農林振興センターによると、「借金なし」の名前の由来は「実りがよく借金が返せるから」だという。大正時代には既にこう呼ばれていたらしい。埼玉でも戦前から秩父地方を中心に盛んに生産されていたが、実にやや黒ずんでいる部分があって見栄えがよくないことや、機械で収穫しにくい実の付き方をすることから、作付けが激減したという。

 05年、県産の農産物による商品開発に力を入れる県が、大豆の質を改めて調べたところ、ショ糖が多く含まれて甘みが強いことが分かり、再評価されるようになった。

 中嶋新組合長は兼業農家だったが、勤め先を07年に定年退職。農業経験はあまりなかったものの、周囲に増えている遊休農地を有効利用したいと考えた。そんな時に、県秩父農林振興センターから「借金なし」を紹介された。近隣の農家4軒を誘い、昨年5月に生産組合を設立した。

 健康志向の高まりを意識し、センターの指導を受けながら無農薬栽培に挑戦。悪天候や虫の被害を受けながらも、約1・3ヘクタールの畑で約1・5トンを収穫した。秩父と小鹿野の菓子業者2社に販売したところ、おからや豆乳を使ったカップケーキ(150円)、スナック菓子(300円)が開発された。中嶋組合長は「借金なしは味が良い。収量を増やし、将来は豆腐も作りたい」と話している。【岸本悠】

【関連ニュース】
ニュースBOX:ヤマザキナビスコ古河事業所のスナック菓子自主回収 /茨城
松本人志:映画「しんぼる」の主人公、グリコのスナック菓子CMに出演 9月限定放送

7兆2千億円規模の経済対策 第2次補正予算案が衆院通過(産経新聞)
「たたかれて政治家成長」中曽根氏、首相を激励(読売新聞)
動物園のペンギン盗む、ペット店主がバッグに入れ(読売新聞)
<皇太子さま>国際衛生年会議に出席 東京・渋谷(毎日新聞)
小沢氏聴取、関与否定=虚偽記載「把握せず」−「裏献金は事実無根」・東京地検(時事通信)

8階から転落の4歳女児、奇跡的に軽傷 植え込みがクッション効果 東京・国分寺(産経新聞)

 東京都国分寺市泉町の8階建てマンションで28日夜、女児(4)が8階ベランダから約21メートル下に転落する事故があった。警視庁小金井署によると、路上の植え込みがクッションになり、女児は左あごに軽傷を負っただけで助かった。

 同署によると、同日午後7時20分ごろ、8階に住む母親(30)が、直前までベランダにいた長女がいなくなり、路上を歩いているのを見つけて119番通報した。長女はベランダのさくを乗り越え、転落した可能性が高いという。

 母親は長女をしかるため、ベランダに出した。泣き声が聞こえなくなったためベランダを見ると、長女の姿が見えず、下を見たところ、長女が泣きながら路上を歩いていたという。ベランダの真下にある植え込みには、人が落ちたような形跡があった。

鳩山首相、名護市長選の結果「民意の表れ」「5月末までに結論、必ず履行」(産経新聞)
高速炉「常陽」でぼや=外部への影響なし−原子力機構(時事通信)
鳩山首相、省庁再編「1、2年で簡単にできない」(産経新聞)
新一筆啓上賞の入賞作発表(産経新聞)
<練習船沈没事故>漁船船長位置に気付かず 運輸安全委報告(毎日新聞)

元中京銀行支店長を逮捕=手形割引悪用、特別背任容疑−愛知県警(時事通信)

 東証1部上場の「中京銀行」(名古屋市)の支店長が手形割引を悪用して同行に損害を与えたとして、愛知県警捜査2課などは27日、特別背任容疑で、元同行高蔵寺支店長米山博巳(56)=懲戒解雇、三重県桑名市福島=、建築設計会社社長中井隆男(58)=愛知県春日井市岩成台=両容疑者を逮捕した。同課によると、いずれも容疑を認めているという。
 逮捕容疑では、米山容疑者は支店長だった2008年8月11日ごろ、同社の業績が悪く、不渡り発生時に手形の買い戻しに応じることが難しいと知りながら、中井容疑者の依頼に応じて手形割引を行い、支店の同社の口座に割引金400万円を入金し、中京銀行に損害を与えた疑い。 

「1億円を4パック」石川容疑者、不自然な供述(産経新聞)
「法的決着」重ねて表明=普天間移設で平野官房長官(時事通信)
【剛腕の威光】(4)小沢氏側近逮捕 「天の声」期待(産経新聞)
<阿久根市長>「庁舎内での撮影取材を原則禁止」通告(毎日新聞)
千葉の光洋会が民再法の適用申請、双樹会に連鎖(医療介護CBニュース)

陸山会土地所有権 「確認書」日付を偽装 「17年」実は19年会見直前(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、陸山会が平成16年10月に購入した東京都世田谷区の土地について、小沢氏個人が権利を持たない証拠として示した「確認書」の作成日付が偽装されていたことが20日、関係者への取材で分かった。小沢氏が19年に記者会見して17年に作成したとする確認書を公表していたが、実際には会見の直前に作られたという。東京地検特捜部もこうした事実を把握しているもようだ。

 また、特捜部は同日、他の地検から応援検事十数人を集め、大幅に捜査態勢を拡充した。小沢氏の虚偽記載への関与の有無や原資解明に向け、重点捜査を進める方針。

 小沢氏は19年2月の会見で、15〜17年の陸山会の事務所費の詳細を公表。小沢氏名義での不動産取得について、法人格のない政治団体は登記できず、便宜上、所有者を小沢氏個人にしたと説明した。

 この際、小沢氏個人が不動産に対して権利を有しないとする陸山会との確認書を公表し「公私の区別をしている」と強調。世田谷区の土地の確認書の日付は、移転登記された「17年1月7日」と記載されていたが、実際には会見直前に作成されていたという。

 また、陸山会が世田谷区の土地を含め6年以降に購入した13の不動産のうち、6件の確認書の作成日付が「18年9月14日」と同日だった。

 特捜部は陸山会を家宅捜索した際に押収したパソコンのデータから、会見に合わせて確認書が作られたと判断したとみられる。

 確認書に法的拘束力はないとされるが、特捜部は小沢氏側が不動産購入の正当性を強調するため、日付を偽装した疑いもあるとみて経緯について調べている。

戸建てなど10棟焼く、1人軽傷=ストーカー殺人の被害宅も−東京(時事通信)
「選択と集中」が奏功、通期予想2度目の上方修正―メデカジャパン(医療介護CBニュース)
<小沢幹事長>滞在先のホテル 大勢の報道陣が詰め掛ける(毎日新聞)
「反小沢」マグマ蓄積 世論調査に民主は動揺(産経新聞)
看護基礎教育改革の推進を文科相に要望―日看協(医療介護CBニュース)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。