So-net無料ブログ作成

民主・枝野幹事長 「趣旨が正確に伝わってない」 菅首相の消費税引き上げ発言に対する党内の批判に(産経新聞)

 民主党の枝野幸男幹事長は18日午前、菅直人首相が消費税率の10%への引き上げに言及したことに対し、「超党派で議論をしていこうというのがマニフェスト(政権公約)の文言だ。(10%を提示した)第2党の自民党の考え方を参考に議論をするのは当たり前のことだ」と強調した。党本部でで記者団に答えた。

 首相の消費税引き上げ発言に対しては閣内や党内からも批判の声が上がっており、参院民主党のナンバー2である高嶋良充参院幹事長も「勇み足だ」と批判している。これに対し、枝野氏は「たぶん断片的な報道で、この趣旨が正確に伝わっていない時点での発言だろう」と指摘した。

 ただ、首相が発言前に、党執行部と調整していたのかについては、「10%を参考に、というところまであったかどうか記憶が定かでない」と言葉を濁した。

【関連記事】
副幹事長人事「内閣と党がしっかり連携」 枝野幹事長
枝野幹事長「ちょっと確認してみる」 荒井氏事務所費問題
枝野幹事長「提案を野党が拒否したから」 会期延長せず
枝野幹事長 外国人参政権法案「拙速にできぬ」
「枝野幹事長ってアレに似てる…」永田町でひそかな話題
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

ユーチューブに漫画撮影し投稿=中3、著作権法違反容疑で逮捕―京都府警(時事通信)
国家戦略相、事務所実態ないのに4222万計上(読売新聞)
<人事>東京ヘレン・ケラー協会(毎日新聞)
三菱重工、焼却炉談合で和解=20億9000万円支払い―名古屋高裁(時事通信)
家畜埋却で自衛隊増員へ=菅首相、地元首長と懇談(時事通信)

塩川氏「政治知ってる」 上杉氏「開かれた政治に期待」 菅新首相誕生 (産経新聞)

 菅直人新首相が誕生したことについて、鳩山由紀夫首相より期待できるとする元財務相の塩川正十郎さんは「鳩山氏は『海兵隊の抑止力を知らなかった』などというように政治を知らなかったが、菅氏は政治というものを知っている。財務大臣になり財政も勉強しているので、財政再建に全力を尽くすべきだ。子ども手当などパフォーマンスは止めて、世界の中の日本という位置づけで政策を考えてほしい」と述べた。

 一方、「けんかっ早いという欠点もある。総理大臣は一政治家とは違うのだから、一言一言を飲み込んで発言しないといけない」と提言。「参院選は民主党にはプラスに働き、自民党は厳しくなる。菅体制の顔ぶれはまだだが、幹事長が一番重要。小沢一郎氏と関係がなく清廉潔白なベテランにしないとまとまらないだろう」と指摘した。

 また、「小沢氏型の独裁的な政治の脱却を印象づけた」と話すのは、ジャーナリストの上杉隆さん。「旧民主グループなどから幅広い支持を集め、さきがけ政治の復活といえる。演説で政策調査会の復活を述べた際には、民主党議員から拍手と歓声が起こった。トップダウンだった小沢氏型からの変化を感じさせた」と印象を述べた。

 その上で、「新首相には、開かれた政治に期待する。特に、記者会見の徹底したオープン化。鳩山氏は中途半端にしかできなかっただけに、これができるかどうかに注目したい。官房長官に内定した仙谷由人国家戦略担当相は情報公開できる人であり、手腕に期待している」と話した。

【関連記事】
首相が初のオープン会見、「珍質問」「激辛質問」も続々…
国民投票法機に憲法論議を 元財務相・塩川正十郎
一流塾、第3期の講義開講 次代担う経営者を育成
首相「海兵隊が抑止力と思わなかった」
沖縄の持つ「抑止力」に着目せよ

ローソン子会社不正経理、元専務らを逮捕へ 特別背任容疑(産経新聞)
<お別れの会>青木半治さん=11日、ホテルオークラ東京(毎日新聞)
<衣替え>「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞)
生活困窮者を先手“囲い込み”大阪の4市「囲い屋」撃退へホテルと提携(産経新聞)
<大阪石綿訴訟>国側が控訴へ 仙谷担当相が言及(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。